• MVNO仮想通信事業者とは

    近年話題の格安スマートフォンですが、そのほとんどは大手携帯電話会社の通信設備を用いて自社のサービスとして事業を行う事業者です。



    俗にはMVNOといわれ仮想通信事業者といいます。


    ではこの仮想通信事業者とは何でしょうか。



    先ほども述べた通り、仮想通信事業者とは、大手携帯電話会社の通信設備を用いて自社サービスとして事業を行う会社のことを言います。格安スマートフォンの詳しい仕組みは、MVNOは大手携帯電話会社に対して通信設備を使うための使用料を払います。

    それに対しMVNOはその金額に応じて電波の通信設備を提供します。


    MVNOは買い取った通信設備を使って個人に対して通信サービスを提供します。



    仮想通信事業者は自社で通信設備を管理、運営しているわけではありませんので、大手より格安料金で同じ通信サービスを提供することができる仕組みになっています。
    しかし仮想通信事業者が大手携帯電話会社より買い取っている電波の量には限りがありますので、いくら通信設備が同じといっても通信速度やサービス内容が大手携帯電話会社とはことなったものとなり、内容は限定的なものとなります。MVNOは大手携帯電話会社と同じエリアで使うことができますが、あくまで通信設備を利用者にサービス提供するだけですので、ショップが無かったりなどのアフターサービスが不十分ということもあります。

    しかしいままであまりショップを利用したことが無い人であればそこまで気にすることはないでしょう。